読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

稼げる自分になる方法

老後が心配な30代OLが、ブログ広告で稼ぐノウハウ集

【21世紀の奴隷階級】ワーキングプアだけじゃない!東大教授が指摘する「古代ローマの奴隷=サラリーマン」の図式

副業 稼ぎ方 経済 老後 ワーキングプア 結婚 21世紀の奴隷階級

f:id:AdTechnology:20160517180736p:plain

命懸けのアミューズメント感がある満員電車。手、挙げちゃってるし。

 

こんにちは。

満員電車に乗らない生活を夢見るナガコです。

思いついた唯一の解決策はタクシー通勤ですが、アラサーOLとしては賢くない選択ですよね。


目次

  1. ワーキングプアだけじゃない!東大教授が指摘する【21世紀の奴隷階級】
  2. 【21世紀の奴隷階級】からの脱出に必要なたった1つのこと

     

 

ワーキングプアだけじゃない!東大教授が指摘する【21世紀の奴隷階級】

はたらけど
はたらけど猶わが生活楽にならざり
ぢっと手を見る

石川啄木先生の「一握の砂」掲載の短歌です。

まさにワーキングプア!!!

1910年(明治43年)に詠まれた歌が100年経って時代が一巡したかのよう・・・。

まあ、石川啄木先生は現代で言う”ダメ男タイプ”ですので、ちょっと事情は異なるかもしれませんが。

 

そもそも、ワーキングプアの定義とは?

一般にワーキングプアの定義について「労働力人口のうち貧困線以下の者」とされている。 途上国の例では、国際労働機関が「労働力人口のうち一日の可処分所得が1US$以下の者」としている。

ワーキングプア - Wikipedia


日本では年収200万円未満の労働者とされています。

年収200万円未満っていうと、月収16万7,000円弱です。

21日勤務で時給1,000円程度。

これってフリーターの方なら、結構ありえる数字ですよね。ボーナスないし。

(ちょっと結婚は難しそうですよね…)

 

地方の中小企業の正社員でも、こういう求人は珍しくないようです。

 

★現代のワーキングプア

毎日真面目に8時間働いて、やっと生活できるような、生活保護費よりちょっぴり上の死なない程度のお金を貰えます。贅沢はできません。

政府としては、子供も作ってもらって、少子化に歯止めをかけて1人でも多く税金を収める人を増やしたいと思っています。

古代ローマ時代の奴隷

生かさず殺さず、大切な労働力なので家族推奨。

子供も積極的に作って欲しいという待遇でした。

 

あれ?

酷似していませんか??

そうなんです。

日本のローマ研究の第一人者である東京大学青柳正規名誉教授曰く

「我々は奴隷というと、アメリカにおけるアフリカ奴隷が頭にある。しかし古代ローマの場合は戦争捕虜として、最初は連れられてくるんだけど、非常に貴重な働き手だった」
「今で言えば言葉は悪いけど、ちょうどサラリーマンみたいな存在と考えてもいいんじゃないですか」

う、、、うん。

教授のブラックジョークが冴えてます。

社畜」ですね。

 

満員電車で通勤してサービス残業して給料はあまり上がらないけれど、30年ローンでマイホームも買ったし、だから一生働き続けるし、子供の教育費はかさむし、老後も心配だけれど、このご時世に正社員だし、勝ち組だよね!?

という甘い期待を気持ちよ~く打ち砕いてくださっています。

 

つまり、ワーキングプアだけじゃなく、 サラリーマンこそが

【21世紀の奴隷階級】なのです!!!

 

 

【21世紀の奴隷階級】からの脱出に必要なたった1つのこと

それは、自分で稼ぐ力を身につけることです。

依存しない生き方を選択する、ということ。

これしかありません。

そのためには、1日1時間でもいいから自分の好きなこと、本当にやりたいことを見つけて、スタートをきること。

やってみてダメだったら、また探せばいい。

「これじゃない」ということが分かったのだから、間違いじゃない。

 

トーマス・エジソンも言っています。

私は失敗したことがない。
ただ、1万通りの、
うまく行かない方法を
見つけただけだ。
トーマス・エジソンの名言より。

カッコイイ・・・

 

正社員になりたい、というのは間違いではありませんが、それが目的になってしまってはいけないのです。

サラリーマンとして会社に所属していても「会社に何をしてもらうか」ではなく、「自分は会社に何ができるのか」という主体的観点が必要だと思います。

「会社にしてもらう」時代は終わりです。

逆に「会社を自分のビジネスの練習台」のように捉えて、色々やってみながら虎視眈々と【21世紀の奴隷制度】からの逆転のチャンスを伺うのもいいかもしれませんね。

 

★おすすめ記事

adtechnology.hatenablog.com

adtechnology.hatenablog.com

adtechnology.hatenablog.com